ソロプレイ一筋ゲーマーの、シミュレーションゲームブログ


by CombatResultTable
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

西部戦線シリーズ(Victory in the west)

e0175023_221288.jpg


テレビでシチリア島の映像を見たら、何か無性にマップを広げたくなったので、シシリー上陸作戦(SPI/HJ)を引っ張り出してきた。

しかし勢いでプレイするにはちょっと重いので、同じシリーズのオペレーショングレネードを広げてみることにする。

このゲーム、プレイしたのは記憶の遥か彼方である。学生時代に友人宅で対戦したのが最後だったか。

上記2ゲームに、パットン第三軍を合わせた3ゲームが西部戦線シリーズと呼ばれるが、古参にはある意味で御馴染なゲームだ。

話題となった「不滅の金字塔」のキャッチコピーはともかく、オペレーショングレネード(HJ版)を最初に見て驚いたのは、ハードマップが1枚、まるまるチャートで埋められていたことだ。
マップは実質的にハーフマップだが、コンポーネントが貧弱にならないように、チャートでマップを”水増し”したのだろう。

ここで、オリジナルのS&T版マップが気になったので、BoardGameGeekで検索してみた。

原版"Operation Grenade"では、マップはフルマップだが、地図の東西それぞれにほぼ同じチャートが配置されていたようだ。
ならばHJ版もチャートマップを2枚同梱すれば良かったのにと思う。より原版に近くなり、なおかつ豪華(?)なコンポーネントになっただろう。
[PR]
by CombatResultTable | 2009-06-09 22:02 | ウォーゲーム