ソロプレイ一筋ゲーマーの、シミュレーションゲームブログ


by CombatResultTable
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

英文ルールの話 2

英文でルールを読むより、日本語ルールを読む方が絶対楽だ。


しかし和訳が存在しても、英文ルールを読んでプレイする事があり、その頻度が増えている。理由は幾つかある。

最大の理由は「和訳ルールが信用できない」からである。
和訳に曖昧な部分があったとする。英文で確認すると、曖昧どころか全く違う内容(早い話が誤訳)だったりする。
和訳の曖昧部分だけ英文で補完して、ゲーム開始・・・したいのだが、もうその和訳自体が信用出来なくなっている。
ゲーム展開を左右するような重要項目に誤訳があったら、プレイ自体が無意味になる。仕方ないので英文ルールを一通り読むこととなる。
結果として、最初に発見した誤訳以外に誤りは無いことが判明したりする。しかしそれは英文全てに目を通したから分かる話で、原文を読まない限り誤訳が1箇所なのか50箇所なのかは知る術が無いのだ。

ボランティアで和訳を作成、ネットに登録している人の努力には頭が下がる。しかし誤訳問題は避けようが無い。

正規代理店の訳文でも、結構ボロボロだ。日本語ライセンス版の場合、英文が付いていないので、原版を購入せざるを得なくなったという経験も多々ある。
(古い話だが「第7艦隊」日本語版のシナリオセットアップの間違いなど、サポート誌のどこにも載らなかったような気がする。原版を手に入れて初めて正解が分かった。)

もちろん、自分自身が誤訳する可能性もある。しかしそれは自分のミスなので、諦めが付く。

別に自分は、英文でプレイする方が偉いとか賢いとか言いたい訳ではないが、悲しいかな、結局は英文を読まざるを得なくなるのが現実なのだ。


ちなみに、和訳があっても英文を読むもう一つの理由、それは「です・ます調」と「である調」が混在した訳文の存在だ。如何に訳文が正確だろうと、このような日本語は生理的に受け付けない。
[PR]
by CombatResultTable | 2009-05-09 20:43 | ウォーゲーム